« アロマと私 | トップページ | 映画「ピーナッツ」を観て来た »

2006.02.01

手作り化粧品

P1020758_7アロマテラピーで何が一番楽しいかというと、やはり手作り化粧品を作る事でしょうか。
基礎化粧品はほとんど手作りで済ませています。

リップクリームは、唇の乾燥が激しい私にとってなくてはならないアイテムで、日に何度も何度もリップを塗りたくります。ホホバ油などのキャリアオイルと蜜蝋、そして好みの精油などで簡単に出来てしまうので、基材さえそろっていれば、お安く仕上がりますし、自分で作っているんですから、何がどれくらい入っているのか明確だし安心です。
ローションも然り。今では自分の定番の精油(ラベンダー、サンダルウッド、カモミール・ローマン、フランキンセンス)をその時々でブレンド比を若干変えて作ってます。
そして蜜蝋クリーム。最初蜜蝋を使ったクリームって、ベタベタテカテカであまり好きにはなれませんでした。
でも保湿力には優れていたのは事実。それに初めて使った時は、使用開始して何日か後に顔にブツブツ吹き出物が出来ました。でもこれって肌の新陳代謝が活発になって、肌に溜まっていた老廃物や毒素を出す働きが高まったからだと知りました。へぇ〜!こんなに顔のあちこちに老廃物が溜まってたんだと関心したものでした。クリームを付けるのを数日休んで吹き出物が引いたらまた使うようにしました。
今では毎日使ってても全然平気だし、逆にたまに吹き出物が出たら、肌に老廃物が溜まって来た指標となるし、自分の肌の状態を知る事も出来ます。
ただ付けるとやはりベタベタテカテカ感は否めません。日中はこの状態でいて、いきなり「ピンポーン」なんて宅急便屋さんや郵便屋さんが来た時などは、ちょっと恥ずかしいですが、うつむきながら出て行きます。
メイク時は下地の前に軽くティッシュオフしてからのほうが良いみたいです。

とにかくこの3点は簡単に作れるし、わざわざ買わなくても良いし経済的でもあります。
だからアロマって楽しいのです。

« アロマと私 | トップページ | 映画「ピーナッツ」を観て来た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/35908/573054

この記事へのトラックバック一覧です: 手作り化粧品:

« アロマと私 | トップページ | 映画「ピーナッツ」を観て来た »